誰でもできる不倫調査法目録

簡単に不倫を調べましょう
10月 21, 2014

不倫調査で夫婦の今後を決める

自分の夫に限って不倫などしないだろうという風に思っていたものの、いざ夫の怪しい行動を発見してしまった時には、いても立ってもいられない気持ちになるものです。もし本当に不倫をしているのであればすぐにでもやめさせなければなりません。一度でも許せないものでもありますが、家庭の事を考えるのであれば、許すという方向で考えるしかないような場合もあります。離婚をするにしろ、家庭を修復させるにしろ、どちらにしても現状を把握して、真実はどうなっているのかを確認しなければ、始まらないのです。ですので、不倫調査を依頼するようにしてみる事です。調査を依頼すれば多額のお金が発生するようにはなりますが、自分で調査をするよりもプロに依頼をした方が証拠も集めてくれますので、問い詰める時にも有力な物証になるのです。夫婦の今後を決めるためにも早めに行動しましょう。

妻が上司と不倫している可能性があるので調査したい

妻が職場の上司と浮気している可能性があるので、不倫をしているか調査してほしいのです。興信所や探偵にお願いをして不倫現場の証拠を見つけてほしいです。妻の携帯は見せてもらえないし、お風呂に入るときも一緒に持っていくので、確認しようがないのです。一度見ようとしたら、ロックがかけられていました。これは変だと思い浮気を疑い始めました。昔の妻であれば携帯電話も居間に置きっぱなしだったので、もしかすると不倫をしている可能性があります。たまに妻の上司の事を嬉しそうに話している時があります。上司と言っても1歳くらいしか年齢が違わない人らしいです。浮気と確定していませんが、もし浮気だとすごく悲しいけど、離婚するにしてもケジメをつけたいのです。調査してもらって浮気が分かれば即離婚するつもりです。離婚までの手続きは面倒かもしれませんが、弁護士にも依頼をしようと思います。

法的効果を持つ不倫調査は探偵へ

パートナーの不倫をしている証拠をつかむためには探偵または興信所に依頼しましょう。既婚者が不貞行為を行った場合、離婚や慰謝料請求事由に該当しますが、そのためには不貞行為を行ったという証拠が必要です。パートナー本人が不貞行為を認めれば証拠は必要ありませんが、認めない場合は証拠にて強制的に認めされることになるため、言い逃れできない証拠をつかんでおいた方がいいとされています。また、その証拠は不貞行為を法的に証明する必要があり、特定の異性と複数回に渡りホテルまたは自宅に出入りする場面を写真や動画で確保しなくてはなりません。さらに、不倫相手に慰謝料請求をする場合も相手の身元が知れていないとできないので、それを確認するにはやはり探偵が必要です。ちなみに、探偵が調査した証拠と資料は3年以内なら慰謝料請求に使うことができます。

Tags :

アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし
2017年6月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930